遊び場が職場に

 

鹿島捷吾/生活相談員

遊び場が職場に

鹿島捷吾/生活相談員

実は、長須賀保育園出身です


生活相談員

この法人を選んだきっかけは、子どもたちが高齢者と自然と関わりを持つことができる環境に魅力を感じたんです。
 
中学のとき高齢者疑似体験をしたことがきっかけとなり、お年寄りのお役に立てる仕事をしたいと思い福祉の道を選びました。そして大学で勉強する中で「介護」だけでなく、家族からの相談や利用者の気持ちに寄り添うことが出来る「相談員」になりたいと強く思うようになりました。
 
実は、私は長須賀保育園を卒園しているんです。小学校の時には「学童なのはなクラブ」にも通っていました。子どもと高齢者がすぐそばで日常生活を過ごしているのはとても良い環境だと思っています。ずっとこの地域でお世話になってきたので、今度は私が地域福祉に取り組んで貢献したいと思っています。
 
今の仕事は利用者やその家族との相談業務。送迎や入浴・排泄などの介護業務。外部機関との連携や調整など利用者が楽しく過ごせるように様々な仕事をしています。
 
まだ一人立ちはできていませんが、利用者さんとのコミュニケーションをとることの楽しさを日々感じています。利用者さんから「あなたがいるからまた来るね」と言って頂けたときは、うれしかったですね。

生活相談員

この法人を選んだきっかけは、子どもたちが高齢者と自然と関わりを持つことができる環境に魅力を感じたんです。
 
中学のとき高齢者疑似体験をしたことがきっかけとなり、お年寄りのお役に立てる仕事をしたいと思い福祉の道を選びました。そして大学で勉強する中で「介護」だけでなく、家族からの相談や利用者の気持ちに寄り添うことが出来る「相談員」になりたいと強く思うようになりました。
 
実は、私は長須賀保育園を卒園しているんです。小学校の時には「学童なのはなクラブ」にも通っていました。子どもと高齢者がすぐそばで日常生活を過ごしているのはとても良い環境だと思っています。ずっとこの地域でお世話になってきたので、今度は私が地域福祉に取り組んで貢献したいと思っています。
 
今の仕事は利用者やその家族との相談業務。送迎や入浴・排泄などの介護業務。外部機関との連携や調整など利用者が楽しく過ごせるように様々な仕事をしています。
 
まだ一人立ちはできていませんが、利用者さんとのコミュニケーションをとることの楽しさを日々感じています。利用者さんから「あなたがいるからまた来るね」と言って頂けたときは、うれしかったですね。 

ステップアップしやすい環境


今は一人前の相談員になることを目標に日々頑張っています。
 
悩み事やわからない事があるときには、いつも先輩や上司が相談に乗ってくれます。すぐに答えを出すのではなく、実際に対応を見せてくださり一緒に考えてくれるので自分で考える力がつきます。様々な場面に臨機応変に対応できるよう成長していきたいです。
 
まだ先の話ですけど、相談員として一人前になったら、次は「ケアマネジャー」の資格を取りたいと考えています。その人らしい生活を、どういうサービスを提供すれば実現できるのか考える。そして他機関との連携をスムーズに行っていく。そういった多くの人との協働が上手なケアマネの仕事も学びたいです。
 
この法人は同じ職場にケアマネのいる居宅介護支援事業所だけでなく、訪問介護や軽費老人ホーム、市から受託している地域包括支援センターもあります。視野が自然と広がり、刺激になりますし、ステップアップしやすい環境ですよね。

おばあちゃんと生活相談員

おばあちゃんと生活相談員

今は一人前の相談員になることを目標に日々頑張っています。
 
悩み事やわからない事があるときには、いつも先輩や上司が相談に乗ってくれます。すぐに答えを出すのではなく、実際に対応を見せてくださり一緒に考えてくれるので自分で考える力がつきます。様々な場面に臨機応変に対応できるよう成長していきたいです。
 
まだ先の話ですけど、相談員として一人前になったら、次は「ケアマネジャー」の資格を取りたいと考えています。その人らしい生活を、どういうサービスを提供すれば実現できるのか考える。そして他機関との連携をスムーズに行っていく。そういった多くの人との協働が上手なケアマネの仕事も学びたいです。
 
この法人は同じ職場にケアマネのいる居宅介護支援事業所だけでなく、訪問介護や軽費老人ホーム、市から受託している地域包括支援センターもあります。視野が自然と広がり、刺激になりますし、ステップアップしやすい環境ですよね。

Person & Job

人と仕事を知る

LinkIcon