保護者の方が安心できる
存在になりたい

 

松本加七美/看護師

保護者の方が安心できる
存在になりたい

松本加七美/看護師

やっぱり、子どもが好き


赤ちゃんと看護師

以前は病院の産科や市役所などで働いていました。子どもが好きなので、看護師としての仕事を活かしつつ、子どもたちと関わりたい。そう思って、保育園の看護師に応募しました。
 
私自身も子どもたちを保育園に預けて働いていましたが、子どもって、朝元気でも突然発熱したり、体調を崩したり、怪我をしたりするんですよね。
 
その時に看護師の先生がいることが安心感でもありました。なので、今度は私が保護者の方にとって安心して保育園にお子様を預けてもらえられるような存在になれたらと思います。

赤ちゃんと看護師

以前は病院の産科や市役所などで働いていました。子どもが好きなので、看護師としての仕事を活かしつつ、子どもたちと関わりたい。そう思って、保育園の看護師に応募しました。
 
私自身も子どもたちを保育園に預けて働いていましたが、子どもって、朝元気でも突然発熱したり、体調を崩したり、怪我をしたりするんですよね。
 
その時に看護師の先生がいることが安心感でもありました。なので、今度は私が保護者の方にとって安心して保育園にお子様を預けてもらえられるような存在になれたらと思います。

保育園の看護師の仕事


保育園の看護師の仕事内容としては、体調不良や怪我のお子様たちの看護、保護者から預かった薬の管理、感染症などが拡がらないようにするための環境整備などです。
 
保育園に来るお子様たちは基本的には元気な状態ですので、バリバリ看護師!なことは少なく、日中は保育士の先生方と一緒に保育に入っています。
 
0・1才児のクラスに入ることがほとんどですが、オムツ替えや食事の介助など保育士の先生方と一緒にしています。その中でお子様達の体調の変化や言動など気になるところを早めに気付けるように注意しています。
 
一緒に保育に入るからこそ、子どものちょっとした異変にも気付きやすく、担任の先生とも子どもたちの様子を共有できています。
 
保育園の看護師の経験はこれからですが、自分自身の子育て経験が仕事にも活かせる仕事でもあります。

保育園の看護師

保育園の看護師

保育園の看護師の仕事内容としては、体調不良や怪我のお子様たちの看護、保護者から預かった薬の管理、感染症などが拡がらないようにするための環境整備などです。
 
保育園に来るお子様たちは基本的には元気な状態ですので、バリバリ看護師!なことは少なく、日中は保育士の先生方と一緒に保育に入っています。
 
0・1才児のクラスに入ることがほとんどですが、オムツ替えや食事の介助など保育士の先生方と一緒にしています。その中でお子様達の体調の変化や言動など気になるところを早めに気付けるように注意しています。
 
一緒に保育に入るからこそ、子どものちょっとした異変にも気付きやすく、担任の先生とも子どもたちの様子を共有できています。
 
保育園の看護師の経験はこれからですが、自分自身の子育て経験が仕事にも活かせる仕事でもあります。

Person & Job

人と仕事を知る

LinkIcon